猫背.com


猫背に関する情報をご紹介 「猫背」の基礎知識

■ 「猫背」になりやすい条件?

街を見ていると、姿勢良く颯爽と歩いている人は意外に少ないものです。特に、冬の寒い日などは、みんな背中を丸めて歩いています。それもまた冬の風物詩でもあり、ある意味風情があるとも言えるのですが、やはり個人で考えると見た目や身体に悪い影響を与えてしまうため、なるべく猫背を改善した方が良いようです。けれども、現在のライフスタイルを振り返ってみると、猫背になりやすい生活になってしまっているということも言えるようです。

車社会が発達し、歩くことが少なくなっていることから普段の生活だけではやはり運動不足の傾向が強くなっています。家事にしても、多くの役立つ家電製品などにより昔に比べると身体をしっかりと使うことが少なくなりました。筋力が少なくなれば、背骨を支えるチカラも弱くなります。もちろん、全体の骨格を支えるチカラが弱くなるので、自然と猫背になる因子が増えていくのです。全体の筋肉のバランスが崩れると、骨格にも影響してしまうのです。

また、普段の仕事でも、デスクワークが多くなっていることから、長時間パソコンに向かっていることで、猫背が固定されてしまうということもあります。姿勢そのものがどうしても猫背になりやすいことに加えて、長い間同じ姿勢を続けることで習慣としての癖にもなりますし、身体としても固定されてしまうのです。こうなると、なかなか治りにくくなってしまいます。意外と自分で気づくことは難しく、かといって子供のように親に注意されることもないので、大人になると意識しなくなるようです。

やはり、自分で猫背になっているかどうかを常に意識していることが大切なのですが、長年の習慣となってしまうと少し厄介なのではないでしょうか。猫背の方が楽である、ということもあるのですが、そればかり続けていると、反対に肩こりや倦怠感の原因にもなるので、意識して背筋を伸ばす時間を作るということをして、メリハリのある生活をするように心がけたいものです。




▲ このページの上部へ