猫背.com


猫背に関する情報をご紹介 「猫背」の基礎知識

■ 「猫背」の原因

猫背になる原因は、多くあるのですが、その一つに日本人の体形の特徴があります。欧米人に比べてみると分かるのですが、身体に厚みが無く横に広がっている、つまり平べったい体型であるために、お尻や太腿の後ろ側の筋肉や、背中の筋肉が充分に発達しにくくなっているようなのです。背中の筋肉が発達しにくいということは、背骨を支えるチカラが弱くなってしまうことにもなるので、猫背体型になりやすくなるようなのです。

それに加えて最近の多くの人のライフスタイルが、運動をする機会がとても少なくなってしまっているので、全体的な身体の筋肉を発達させることが出来なくなっていることも原因のひとつでしょう。パソコンの前で何時間も座って仕事をしている、あるいはゲームの普及などからも、運動不足から猫背になる人が増えています。小さなゲーム機を操作するために、自然と猫背になってしまうのですが、このような姿勢を長時間続けることで、身体に影響が出てしまうのです。

前かがみになる姿勢を長時間とっていると、筋肉が固まり、骨盤にも影響が出ます。最近のダイエットでは骨盤を正常な位置に戻すといったことが注目されていますが、身体にとって骨盤は上半身と下半身とのバランスを取る大切な役割を持っているので、この骨盤が傾いたり開いたりするなど正常な位置からずれると、様々な悪影響をおよぼしてしまうのです。猫背においても、この骨盤が後ろに傾いていまい。背骨の前彎が少なくなってしまうのです。

前彎とは、後ろに反っているカーブのことです。背骨は自然な状態では横から見ると弓状に反り返っているのですが、長時間前かがみになるなどの姿勢を続けることで、この反り返りが少なくなってしまいます。その結果猫背が定着してしまうといったことが原因になります。体型的なものもに原因があるかどうかは学術的な証明は無いのですが、もともとそのような傾向があるので気をつけることも大切なようです。




▲ このページの上部へ