猫背.com


猫背に関する情報をご紹介 「猫背」の治療

■ 「猫背」の手術

猫背を外科的な手術で直すということは、基本的には難しいようです。もしも手術をしたとしても、術後の背骨の動きが悪くなってしまう場合もあるようです。けれども、猫背になってしまうような身体的な原因や、猫背が原因で起こってしまうような外科的な症状が酷い場合には、手術で直すことが必要な場合もあるでしょう。猫背になる原因には、漏斗胸などがあります。漏斗胸とは、胸の真ん中とお腹との境界あたりの胸骨が陥没してしまう症状です。

生まれた時からあるひともいれば、後天的になってしまう場合もあるのですが、どちらにしても漏斗胸であると猫背になってしまいやすいようです。漏斗胸は手術で直すことが出来ます。心臓や肺が圧迫されてしまうという問題もありますが、胸が薄くなっているといった見た目を気にして手術を行う場合もあるようですが、医師に相談をしてみることが大切でしょう。外見が気になりコンプレックスにもなってしまう人も少なくはないようです。

もちろん、骨格に施す手術なので、簡単なものではないということも頭にいれておく必要があります。入院期間も1週間から2週間ほどと長くなることや、麻酔を長時打つことを考えると、やはり身体にも負担がかかることにもなるので、しっかりと医師の説明を聞き判断をしたほうが良いようです。また、内蔵に疾患があり自然に猫背になってしまうケースもあるので、手術が必要な場合もあります。健康診断などを受けてみても良いでしょう。

猫背が長く続くことで引き起こされる身体的な症状に、脊柱側弯症があります。脊柱側弯症は、脊椎の湾曲に異常があり脊柱変形がおきてしまっているという場合のことです。脊柱側弯症の治療は、脊椎に金属を固定して彎曲を矯正する「矯正手術」があります。このような猫背に関わる手術をおこなった場合でも、習慣としての猫背は残るので、やはり猫背そのものの改善を普段から意識しておこなっておくことも必要でしょう。




▲ このページの上部へ